プーチン大統領も泊まった山口の長門温泉『大谷山荘』に宿泊してきた|旅行記ブログ

大谷山荘、客室露天風呂付き旅行記ブログ

2016年12月に行われた日露首脳会議で、プーチン大統領や安倍元総理も訪れた、山口・長門温泉の老舗旅館『大谷山荘』に泊まってきたので、泊まる前に知りたかった情報をおすそ分けです。

私が知りたかったことは、

  • 全体的にどんな感じ?
  • チェックイン時間前について、部屋に入れるか?
  • バレーパーキングらしいけど、自分で駐車場まで運転したい。
  • 心付けは渡した方が良い?
  • どの部屋を選べば良い?露天風呂付き客室はどんな感じ?クラブラウンジもあるらしいけど。
  • アメニティは何がある?部屋着は?持ち込みした方が良いものはある?
  • ご飯はどんな感じ?どのプランにすれば良いかな?個室はある?
  • 誕生日や結婚記念日に宿泊すると?
  • お土産は何がある?おすすめとかあるのかな?
  • 星を観察する展望台は寒いらしい。どんな服装を用意すれば?

などです。

その答えを全て調査してきました!
到着から帰るまでの一部始終を、旅行記ブログとして書いたので、一緒にみてみましょう!

きっと、あなたの泊まる前の疑問も全て解決できるはず!?
「もっと、ここを知りたいよ!」というのがございましたら、下のコメントからどうぞ。

それでは、さっそく〜

到着

大谷山荘へ到着、アクセス行き方がちょっと迷った

チェックイン時間は、14時30分からでしたが、ちょっと前の14時過ぎに到着しました。

玄関の前に、ドアマン(車を駐車場まで運んでくださる方)とポーター(荷物を持ってくださる方)が待機されていて、到着とすると、ドアを開けて、荷物を運んでくださいます。

バレーパーキングにあまり良い思い出がなく、「駐車場に自分で車を持っていきたい」と伝えてみましたが、「いえ、駐車場まで遠いので。。。鍵を預かります。」と、やんわり断られてしまいました。
残念。

大谷山荘は、大型旅館。
車の台数も相当だろうし、どこに駐車するというもの、決めているだろうから、迷惑なのかな。

ということで、

「バレーパーキングらしいけど、自分で運転したい。」の答え

「絶対嫌だ!自分で運転する!」と強く主張しないと、自分で運転して、駐車場に行くことはできない。が答えでした。

私は、いざこざするのが嫌だし、離島で車もボロボロになっていたので、「もういっか。」と思い、お願いしました。

ちなみに、車に忘れ物を取りに行きたいと申し出ると、車を玄関まで、持ってきてくれます。

申し訳ないので、自分で駐車場まで荷物を取りに行きたいと伝えると、しぶられましたが、鍵を渡してくださり、「荷物を取り終わったら、鍵をこちらまでお持ちください。」とのことでした。

あなたが、自家用車で行く場合は

車の整理と、お互いのため、大切なものは車から取り出しておきましょう。(決して、大谷山荘を疑っているわけではないのですが、盗られたなんだと、結構よく聞く話なので、一応。)

チェックイン

大谷山荘、駐車場は?バレーパーキングは断れる?

玄関、こちらから入ります。

大谷山荘、コロナ対策、入館前に入り口でアルコール消毒

入り口でアルコール消毒をして、

大谷山荘、コロナ対策テレビモニターで熱を測る

テレビモニターで検温をして、

大谷山荘、チェックインは高い部屋でも並ぶ

チェックインの列に並びます。

16室しかないちょっと良いお部屋、露天風呂付き客室に泊まっても、並んで待つというスタイルのようです。

チェックインは?
  • 予約時に書いた住所や電話番号などに間違いがないか確認して、署名をするというものだった
  • その際、鍵の受け渡しはなく、館内やプランなど5分ほど説明を受ける

並んだ時間も入れると、15分ほどかかりました。

並ぶのは1名のみ。
一緒に泊まる方がいれば、ラウンジで座って待つタイプ。

大谷山荘、チェックイン前に行くと客室に入れる?ラウンジで待たされる

チェックイン手続きが終わって、ラウンジで、しばし待つ。。。

大谷山荘、チェックイン後、ラウンジでウェルカムドリンクの抹茶とういろう

席に座って10分後ぐらいに、ウエルカムドリンクの「抹茶」と山口名物「ういろう」を、持ってきてくださいました。

ちなみに、大谷山荘の別棟で、グレードの高い「別邸 音信」でも、ウエルカムドリンクは「抹茶」でした。和室でいただくタイプ。

大谷山荘は、大型旅館。
私が行った日は、満室だったので、ラウンジは座る席がないほど、人が多かったです。

中居さんが案内してくださり、部屋に入れたのは15時だったので、1時間近くかかったことになりますね。

ということで、

チェックイン時間前について、部屋に入れるか?の答え

入れない。ラウンジで待つ感じになる。でした。
部屋と中居さんとウエルカムドリンクとが、用意でき次第だと思うのですが、大型旅館なので、順番がなかなか回ってこないという、仕方ない。。。

夜は足湯バーに

大谷山荘、夜は足湯バーになる

ちなみにこのラウンジは、夜には足湯がオープンします。
(↑写真の丸いテーブルの下が足湯になっている。)

希望者は、足湯に浸かりながら、お酒や飲み物も楽しめるという。

  • 足湯は、無料
  • お酒や飲み物は、有料

私が行った日は、雪がチラチラ落ちるほど寒く、強風も吹いていたため、寒すぎて誰もいなかったけど。

ライトアップされた滝を見ながら、足湯バーでゆっくりするって、なかなか珍しい体験なので、あなたも是非宿泊した際には、ぜひ足を運んでみて下さい^^

大谷山荘の足湯はタオル付き

タオルも置いてあるので、部屋から何も持っていくものはありません!
気軽に入れます^^

大谷山荘の館内案内地図

大谷山荘の館内案内図お店お風呂ご飯など

こんな感じです。
私が宿泊したのは、↑丸をつけている3階、曙(あけぼの)の客室、331というお部屋です。

大谷山荘の館内案内図客室編

大谷山荘は、宿泊しなくても日帰り温泉に入ったり、ランチやディナーでご飯を食べたり、お土産を買ったりと敷地内に入ることができます。
その際、普通に客室にも入れそうです。

ちなみに、館内の廊下は暖房が入ってなく、ものすごく寒かったです。
浴衣で館内を歩き回れますが、本当に寒かった。

夏は冷房どうなんだろう?
また機会があったら、調査してきます。

長くなったので、お部屋編に続きます。

»

コメント