【大後悔】愛車は、離島・宮古島に輸送しない方が良い!その理由とは

離島・宮古島には大切な愛車を持っていかない方がいい!その理由

転勤で宮古島に住んでいますが、『転勤する前に知っていたらよかったなぁ。』と思うことが、多々あります。

その中の一つが、今まで大切にしてきた『愛車』についてです。

あなたには、絶対後悔して欲しくないので、私の辛い経験を書き綴っておきます。

それでは、早速!



宮古島には、車は自分で運べない

宮古島に車をフェリーで運ばないほうがいい!その理由

沖縄本島までは、自分が運転して、フェリーに載せて運ぶことができますが、宮古島は車を預けて、他の方に委ねなくてはいけません。

そして、どこに頼んでも、

小傷は、免責

との記載が。

!!!!!

ありがたいことにうちの愛車には、キズはついていませんでした。

本当良かった。

ただ職場の同じ時期に転勤して来た方の中には、キズが付いていた方もいて、預けた会社に言ったけど、結局泣き寝入り状態と。

ということで、まずは第一関門として、島に入る前にあなたの愛車がキズつく恐れがある

島では、当て逃げも日常茶飯事

宮古島では当て逃げも日常茶飯事

びっくりなのですが、そうなんです。

引き継ぎなので、転勤前に宮古にお越しになったら、ぜひ走っている車・駐車場にとまっている車を見てみてください。

どの車もキズだらけ。

ボコボコ、ガリガリのオンパレードです。

つまり、キズがついても、気にしない方が多いようで。

普通に、ドアパンチもよくされます(週一ペース)。

ガンって。

そして、何事もなく去っていく。

ドアパンチは、島の車より、レンタカーの方が多いです。(私の実体験)

まだ3ヶ月半ですが、たった3ヶ月半の間に、がっつり目に見えたキズだけで、5箇所もやられてました。

あなたが車を大切にしているのなら、私のショックがわかってもらえるかと。

宮古島の駐車場は、どこも満車

宮古島の駐車場はどこも満車!

『じゃあ、横に車が駐車しないような、離れた場所にとめれば良いじゃん。』と思うでしょう。

でも、宮古島は現在、大ブーム状態!

どこの駐車場も、レンタカーを表す『わ』『れ』ナンバーだらけ。

伊良部大橋ができた次の年、2016年から、車両登録台数も伸びまくりとのことで。

2019年は、登録台数が乗用車で、1000台以上増えたとのこと。

そのほとんどがレンタカーとのことで。

島内のお店は、確実にキャパオーバー状態です。

お店から遠い所であろうと、横もほぼとまっているので、残念ながら安全な場所がありません。

任意保険に入っている車は半分!?自賠責保険にも入っていない車もいる

沖縄に来た日、ホテルのテレビを見て、度肝を抜かれました。

車検を促進するCMで、『車検を受けよう!!』って。

え?車検を受けてない車もいるの?そんなことあるの?

でも、離島も多い沖縄は、確かに車検なんか受けなくても、バレなさそうと妙に納得してしまったのですが。。。

確かに島にはNシステム(ナンバー読み取り装置)とかもないし、バレにくそうだね。

調べてみると、沖縄が無車検車両台数も率も全国ワーストだったという記事が。

沖縄本島でさえ無車検つまり、自賠責保険に入っていない車が0.48%いるのに、島はどうなんだろう。

探しても離島データがないから、わからない。

う〜む。え?そしたら!!

自賠責保険にも入ってない車が全国1位となると、沖縄は、自動車の任意保険にも入ってない車が多いんじゃないの?

調べてみると、その通りでした。

沖縄県の任意自動車保険の加入率は54%で、全国最下位

表にしてみると、こんな感じでした。

沖縄県加入率対人賠償対物賠償搭乗者傷害人身傷害車両
任意保険54%54%29%50%27%
共済保険23%

出典:損害保険料率算出機関・自動車保険の概況・2018年度版(2019年4月発行)

多分離島はもっと加入率が低いのかもしれないね。

ね。

あなたが愛車を持ってくるなら、その覚悟を。

人も人の車に触る、もたれかかる、ザーとする

大切な車は宮古島には持って来ない方がいい!!

これも他地域ではあまりお目にかかったことがない光景なのですが、駐車場にとめて、お店から車に戻ると、うちの車を子供がさわさわ、ザリザリ、ベタベタ、って

え!?

そして、親はうちの車にもたれかかって、お喋りしてる!!

『あれ?その車って?うちの?』と考えてしまうほど、びっくりしました。

そんな事も多々あります。

駐車場の車と車の隙間を歩いていても、車との距離がとても近い方が多く、『車についてるよ!!』ってツッコミたくなったり、

『ファスナー、ガーって、車に当たってるよ。キズ付いてない?大丈夫?』と、ハラハラすることも多いです。

あなたが愛車を大切にすればするほど、気が休まらない

台風の威力がすごすぎて、車がやられることもある

宮古島に車を輸送する?それは、ちょっと待った!

先島諸島にくる台風は、ほぼ毎回『猛烈な』です。

そして、ちょうど台風の通り道にあるので、よく来ます。

風速でわかる!台風の強さを簡単に

階級最大風速(最大風速で区分)
強い33m/s以上〜44m/s未満
非常に強い44m/s以上〜54m/s未満
猛烈な54m/s以上

参照:気象庁ホームページ

2018年の大阪で被害をもたらした『平成30年台風第21号』の最大風速が、55m/sです。

最大風速が同じだね。

あのクラスの台風やさらに強い台風が、よく上陸する。

実際、来て数ヶ月の私が遭遇した台風でも、飛んできた物に押しつぶされて、車がぺちゃんこになったり、水没して一帯の車が使用不可になったり、風の力で裏返しになっていたり、周りの車と当たりまくって、ぐちゃぐちゃになっていたりしているのを見ました。

そして、私たちの車も、2019年の台風13号「レンレン」で被害に。

台風13号(レンレン)とは?
最大風速61.2m/sで、島では結構甚大な被害が出た台風。

台風明けに洗車に行くと、バックライトのカバーが、綺麗になくなってたよ。

ひびが入っているから、何かに当たって、割れて、飛んで行ったのかな?

ショック。

宮古島の人に『4月から転勤で来ました。』というと、9割の確率で、『台風には気をつけて!』と教えてくれたけど、たった数ヶ月で『確かに。』と納得。

うん。びっくりするぐらい尋常じゃない雨風だね。

初めて見たレベルだった。

車も飛ばされる威力だから、人が外に出たら、確実に。。

でも、最近は日本全国どこにいても災害が起こる可能性があるから、これは、やられる確率が高いということで、頭の片隅に。

修理がイマイチ

宮古島での車の修理は島クオリティ

まず、宮古島にはディーラー直営の修理工場が、トヨタしかありません。

なので、トヨタ以外の車をお持ちの方は、他の板金工場にお願いするしかないのですが、大変申し上げにくいのですが、悲しくも島クオリティです。

少なくても私が出した、ディーラー提携の板金工場は、そうでした。

これについては、駐車場を一度歩いてみていただけたらわかると思います。

自分で修理したのかな?という車がいっぱい。

修理に出してみてわかったことは、『あれはちゃんと板金屋さんに修理に出してる。』ということ。

悲しくも。

うちもキズつけられた愛車を、そこから錆びたら嫌だからと修理に出したのですが、

しない方がまだマシだった。むしろ素人の私がした方がうまいかも。

と思う結果でした。

なぜ修理に出さなければ良かったと思ったのか
  • 修理した箇所の周りが、傷がついている
  • 全然別の箇所が、板金まで傷ついていた(しかも、4箇所)
  • ステップが、水玉状に変色していた
  • 車内も油がついたタオルで拭いたようで、まだらに変色
  • ドライブレコーダーが!!!!

持って行く前に洗車して、明らかになかった傷や汚れであるという証拠の写真もあるけれど、、、、もう。。。。

本当に、残念な気持ちに。沈む。

そして、ドライブレコーダーをつけていたのですが、預けた車でドライブに行っていたのでしょうか?

走っている途中でドラレコに気づいて、本体を抜くという荒業が映っていました。(シガーソケットからではなく、ヒューズボックスから電源を取っているので、本体からコードを抜いた模様ですが、ドライブレコーダーの映像を見る限り、すごい音と一緒にドラレコ画像が揺れてて、何度も何度も挑戦して、やっと抜いたみたいで。)

そんなことしたら、ドライブレコーダー傷む。。。ひどい。。。

もう絶対修理に出さない!と心に決めた。

なのに、修理代は高い

物価が高いからなのか、修理代も高いです。

。。。言葉も出ない。

道が悪いので、ゴツゴツ石が車にあたる

週1で洗車していますが、毎回手のひらサイズの石が、ルーフ(屋根)に乗っていることが多いです。

初めて見た時は、びっくりしたね!

それが、車体に当たるんだもん。

当然、塗装を通り越して、ボディまで傷がつく

洗車に行ったら、他県ナンバーの人ばかりだけど、みんな言ってるよね。『なぜこんなにキズがついてるの。』って。

うん。必ず言ってるね。

週1で洗車に行くたびに、キズが増える

車が日焼けする

宮古島の紫外線は、人にも車にも悪!

参照:気象庁

宮古島の紫外線量は、図のように↑本州や九州とは、比べ物になりません。

人も日焼けしますが、車も日焼けします。

成れ果ては、宮古島にお越しの際に、駐車場で見てみてください。

まだらに塗装が汚くなっている車が沢山。

もし私が、今から宮古島に転勤になるなら

宮古島に転勤になったら、愛車は持って行くな!!じゃあどうすれば?

大切な愛車をどうするか
  • 実家に置いてくるか
  • いっそのこと、綺麗な状態で手放してくる
そして島では、
  • 必要な時にレンタカーを借りるか(一年単位でのレンタルもある)
  • 島で使う用に、安い軽自動車を買う

を選択するべきだった。

あなたが平良(宮古島の中心街)に住むのなら、全てが集まっているので、日常は自転車か歩きで事足ります!

うちも平日は車を使っていません。

  • 新車で購入して、まだ5年の愛車
  • 持って来たことに、後悔しかありません

それでも宮古島に愛車を持ってくる時に知っておきたいこと

離島に車を持って行くなら必ず下回りの防錆塗装を

下回りに防錆塗装をすること

塩害って、住む所は海からそれなりに離れているのに?防錆塗装必要?と、私も半信半疑でしたが、ものすごいです。

島のどこに住んでも、確実に錆びる!

防錆塗装をして来ても、たった3ヶ月でちょっとサビていました。

していなかったらと考えると、ゾッとするね。

ということで、防錆塗装をして持って来ましょう!

料金は?
2〜5万円ぐらい

ただでさえ割高な島引越し費用がかさむのは辛いけど、しなかったらもっと痛い目に!!

ボディコーティングをすること

紫外線対策に!

上記もしたように、確実に塗装が紫外線で劣化します。

劣化してからでは遅いし、島でしてもらうのは不安なので、コーティングして、持って来ましょう!

料金は?
2〜10万円ぐらい

うちも、数年前にガラスコーティングしたのにね。

しかもすごく高かった覚えが。

直前にもう一度してくればよかった。。。

車を船で運ぶ

これについては、別途詳しく書こうと思っています。

どこが安いかとか、荷役の仕組みを知れば見えてくるものもあったし、積んでいる荷物が盗難にあったらどうなるかとか。

料金は?
  • 運ぶ場所によって違う
  • 私の場合、鹿児島から宮古島まで、6万7千円を切るぐらい

保険料が安くなる!ナンバープレートを変更する

短期間の転勤が続くとめんどくさいし、お金もかかるしと、住所変更だけしてナンバープレートはそのままというのもよくありますが、宮古島に車を持ってくるなら、ぜひ変更してください。

なぜなら

自賠責保険も任意保険も料金が安くなるから!!

どれぐらい安くなるかは、また詳しく書きます!

心持ち

当てられても、傷つけられても、気にしない〜。

錆びても変色しても、気にしない〜。

車は、走れば良いんだから。

と言う精神で。

まとめ

新車で購入してから今まで、丁寧な運転を心がけ、キズにも細心の注意を払い、宮古島に来るまで、キズ一つなかった愛車は、たった3ヶ月半でボロボロです。

あぁなんで、持って来てしまったんだろう。

このままのペースでいけば、2年でボロボロなんだろうね。

移住か、転勤かわかりませんが、良い車なのに、ボロボロの他県ナンバーをよく見ます。

それを見て毎回思うことが、あれがうちの愛車の行く末なのかぁ。って。

これでもあなたは大切な愛車を持って来ますか?

過去の自分に助言できるなら、『絶対持って来たらダメ。』と言いたい。

ということで、転勤でお越しになる際は、色々検討を。



関連記事

宮古島で自動車免許の更新に行く前に『知らないと損する』8つの事項

宮古島で免許の更新。沖縄県警察安全運転学校宮古分校に行ってきた

宮古島ロックフェス『宮ロック』に行く前に絶対知りたかった22項目

完全版宮古島ロックフェスティバルに行く前に知りたいこと

【騒音対策】工事がうるさすぎる!完璧な対策は、無音になる耳栓で!

工事騒音が うるさすぎる!! 完璧な対策は、 無音になる耳栓!!



コメント