【賃貸物件の仲介手数料とは?】を簡単に、わかりやすく、図解解説!

仲介手数料とは

簡単にいうと、

『私たち借りる人』と『部屋を貸す大家さん』の間に入って、全てのことをしてくれる手間賃のこと

わかりやすく図にするとこんな感じ↓
仲介手数料の交渉法!安くするには

不動産屋さんは、『私たち借りたい人』が問い合わせてから鍵をもらうまでに、
  • 資料を集めて
  • 内見の案内をし
  • 大家さんに連絡し
  • 契約書類を用意し
  • 重要事項説明をし
  • 初期費用の入金確認をして
  • 大家さんに書類を送って
  • 鍵を預かって、私たち借りる人に渡す

というようなことをしてくれます。

『大家さん』と『私たち借りる人』は、なかなか直接繋がれないので、間に入って取り持ってくれるお仕事代です。

ちなみに、直接大家さんと契約を結べば、仲介手数料はかかりません。0円!!

仲介手数料の上限は

法律では、

あなたが借りる『家賃+税』が、仲介手数料の上限ですよ〜!

と、決められています。

そして、

原則は、『大家さん』と『私たち借りる人』が、半額ずつ出してね!

となっている。。。

のですが!!

特例も認めており、

払う人が納得すれば、額は変えていいよ。ただし上限以内でね。

と言っています。

で、今の日本は、原則は守られず、特例を盾に『私たち借りる人』が、100%上限全額を支払う様になっています

裁判とか、少子化で空き物件が増えてきたりとかで、ちょっとずつ、私たち借り手に良い様に変わってきてはいるけどね〜!

参考【賃貸仲介手数料の法律】話し言葉と図解で、簡単にわかりやすく解説

まとめ

  • 仲介手数料とは、『大家さん』と『私たち借りる人』の間に入って色々やってくれるお世話料のこと
  • 仲介手数料の上限は、家賃+税

でした。

知識をフル装備した筆者が、実践している黄金の部屋探し方で不動産屋さんに行けば、あんまり交渉しなくても、仲介手数料が安くなることが多いです。

というのも、私自身初めての賃貸借契約を結んだ時以外は、仲介手数料を半額以上払ったことがありません

交渉もほぼしていないのに。

ということで、契約する不動産屋さんは大切ですので、読んでみると参考になるかと↓

関連ページ

コメント