【断り方】安心入居サポートはいらない【交渉法をシミュレーション】

【断り方】安心入居サポートはいらない【交渉法をシミュレーション】

  • 賃貸の部屋を借りるとき、『安心入居サポート』という項目があるけど、入りたくない!
  • 断れるの?
  • どうやって断れば良い?
  • 断り方を詳細に教えて欲しい!!

と私自身思って、いろいろ試し、成功したので、断り方をあなたにこっそりおすそ分けです。

このページでは、不動産会社からこう言われたら、こう言って断れば良いという、実際私が不動産屋さんとやりとりした『会話のシミュレーション』を書いています

なので、読んで覚えていくだけで、実践できます!

私は転勤族で、引越し歴は24回。
その度に、賃貸物件の交渉と契約をしてきました。
これまで、一度も安心入居サポートには加入していません!!

元不動産屋でもあり、内からも外からも事情がわかるので、あなたのお力になれるかと!!

それでは、早速〜

安心入居サポートとは?交渉の前に、どんなものか知っておこう

『24時間安心サポート』『安心入居サポート』『ミニミニライフサポート』『緊急駆け付けサービス』『ライフサポート24』など名前は、エイブルやアパマン、ミニミニなど不動産会社によって違いますが、内容は大まかにこんな感じ。

  • 「水が漏れてきたよ〜」とか「排水口が詰まったよ〜」などの水回りのサポートをしてくれたり、
  • 「鍵をなくしてしまった!!どうしよう家に入れない。」という時に駆けつけてくれたり、
  • 「横の部屋の人がうるさい!どうにかして」の時に相談にのってくれたり、
  • 「え?ガラスが割れてる。どうしよう」という時に対処してくれたり、
  • 「ガスが!!電気が!!」とトラブルが起こった時に相談にのってくれたり、
  • 「う〜んなんだか体がきついけど、どこの病院に行ったらいいのかなぁ。」など病気に対してアドバイスをもらえたり、
  • 「パソコンの調子が悪いなぁ」と困った時に、サポートしてくれたり、

このような時に、24時間365日、私たち入居者をサポートしてくれるというサービスです。

相場は、2年間で15,000円〜2万円程度。
毎月の場合は、千円前後です。

が!!!!

安心入居サポートは、いらない!!

  • この安心サポートは、火災保険消毒施工料と一緒で、不動産会社が中間マージンを取ったり、キックバックがもらえたりする美味しい契約です。
  • さらに、入居者がお金を払いますが、実際は、大家さんや管理会社が楽をするためのサポートなんです。

だって鍵とか、通常管理会社がしてくれますよね。
毎月、管理費を払っているんだし。

水漏れ?
お風呂を溢れさせて下の階に漏れたり、私たち入居者の責任なら、自分で払わないといけないってわかるけど(火災保険で負担してくれる)、通常大家さんか管理会社が修理修繕するよ。

電気やガスのトラブル??
契約している〇〇電力やガス会社が、無料でしてくれるよ。

前に、突然窓ガラスが割れたことがあったけど、故意過失がなければ、大家負担で0円だったよ。

騒音などのトラブル??
いやだから、毎月管理費払っているでしょ!!

とまぁツッコミどろこ満載なサポートなんです。

本当にいやですね。
断りましょう!!

安心サポートの断り方・会話形式でシミュレーション

内見も終わり、見積もり書を見せられたその瞬間、噂の『〇〇サポート』が項目に入っていることを発見!!

一呼吸置きましょう。
交渉は、ヒートアップしてはダメです。

安心サポートの交渉をする前に、家賃の値下げ交渉、初期費用、火災保険や仲介手数料、消毒施工料の交渉をする場合はここでしましょう。

そして、本題。

安心サポートを断りましょう。
断り方は、契約書を見てからです。

理由は?
契約書を見る前に交渉をしてしまうと、契約書の特約に『安心サポートの加入必須』と書かれることがあるから。

嫌な感じ〜!!
でも多々あるので、お気をつけて。

シミュレーション

〜あなた〜

『とても良い物件だったので、お願いしたいと思っているのですが、契約書を見てから決めたいです。』

そして、もらった契約書内の特約事項を、よーく読んでください。

『契約書がすぐに手に入らない。』と言われたら

『契約書はすぐに用意できないけど、申し込んでおかないと、他の方が。。。』と言われることも多いですよね。

その場合は、一旦申し込んでしまっても大丈夫です!

契約書に印鑑を押していない、重要事項説明もされていないなら、電話一本でキャンセルできます。

預かり金や手付金などを要求されたら

払っても、もちろん戻ってきますが、やりとりがめんどくさいので、『では、契約書を見せて欲しいです。』と伝えましょう。

預かり金や手付金は、大家さんではなく、あなたが行った不動産会社が欲しいと言っているだけなので、『契約書を見せてもらえれば、預けます。』と主張すると、容易に断れます。

特約事項に、『安心サポート加入について』何も書いていなかった場合の交渉法

簡単に断れます。

〜あなた〜

『安心サポートは必要ないので、加入しません。』

やんわり言いたい場合

『これまで何部屋も賃貸物件に住んできたのですが、この安心サポートって使ったことがなくて。。。』沈黙。

不動産屋さんがなんだかんだ言ってきた場合のシミュレーション

〜あなた〜

『契約書にも記載がないですし、任意加入ですよね。』

それでも、不動産屋さんが、何か言ってきたら、

『え?でもこの内容って通常、管理費で管理会社が担当している部分ですよね。』と言いたいところですが、これは言ったらダメ。
正しくはこちら↓

〜あなた〜

『大家さんに確認させていただきたいのですが、、、』

この場合、自分の目の前で電話をかけてもらうか、自分がかけて確認すること!!

『奥で確認してきます。』と言ったら、99.9%確認などしていません。

担当者が何と言っても、契約書に記載がないので、あなたが加入しないという意思を貫けば、不動産会社はどうすることもできません。

つまり必ず断れるということ。

特約事項に、『サポート加入は必須』と書いてあった場合の交渉法

これは、意外と難しいです。

ただし、この方法(【完全保存版】転勤族の『賃貸物件』の探し方・手引書。)で、行った不動産会社なら、直接大家さんと繋がっているので、比較的容易に交渉できます。

シミュレーション

〜あなた〜

『自分は、この物件がとっても気に入りました。
でも安心サポートは、これまで住んでいた賃貸物件でも加入していたけど、○年間、一度も使う機会がなかったんですよ。
内容を見ても、これからも使うことはないです。
ちなみに火災保険は、今加入しているものを移す予定です。(安心サポートを契約する代わりに、火災保険を契約しなくて良い場合は言ってください。)
この特約を外してもらえたら、必ず契約するので、大家さんに交渉していただけたり・・・』沈黙。

なんだかんだ不動産屋さんが言ってきても、悩んでいる風味で、沈黙。

私の場合、エイブルやアパマンでは、この方法で、特約に二重線を入れてもらった(特約を外してもらえて、サポートを断れた)経験があるので、あなたもやってやれないことはありません!!

検討を祈ります!!

【断り方】安心入居サポートはいらない【交渉法をシミュレーション】のまとめ

まずは、契約書の特約事項に『安心サポート加入の有無』が書いてあるか、読む。

  • 書いてなければ、簡単に断れる。
  • 書いていたら、この不動産屋会社に行って、交渉する。

上記したシミュレーションを練習していってみてください!

交渉するときは、ヒートアップせずに冷静に下から。
『どうしようかな。困ったな。』感を出して、担当者さんに、味方になってもらいましょう!

安心サポートが最初からない物件を選べたら、一番良いのですけどね。

最近は、あの手この手で必要のないモノを入れてくる不動産会社が多いですよね。
腹ただしいなぁ。

ではでは、あなたの交渉のお力になれたら幸いです。
素敵な部屋が見つかりますように〜

コメント