国内シェア1位、甲冑メーカー『丸武』工房に行く前に知りたい13条

薩摩川内市の甲冑工房丸武の工房見学に行ってきた!

ずっと行ってみたかったけど、リニューアル中だったので、ようやく行けた甲冑工房丸武。

リニューアル後すぐだった為か、行く前に何も情報が出て来ず、困ったので、行く前に知りたかった情報を徹底調査して来ました!

そんな情報をおすそ分けです。

では、早速〜

スポンサーリンク

基本情報

リニューアルされた薩摩川内市の甲冑工房丸武に行ってきた!

名称:甲冑工房 丸武(旧戦国村)

住所:鹿児島県薩摩川内市湯島町3535-7

TEL:0996-26-3113

営業時間:8時30分~17時(不定休)

トイレ:あり

記念スタンプ:なし

交通機関:バス

入場料は?

以前、戦国村だった時は、入場料が500円でしたが、リニューアルされて入場料が、無料になりました!!

すごく嬉しいですね!!

アクセス、行き方は?

グーグルマップのナビ通りに行けば、辿り着きました!

川内駅方向から行くと、こんな感じで↓ずっと二車線道路なので、行きやすいです!

薩摩川内市の甲冑工房丸武のアクセス、行き方は?

駐車場は無料?

薩摩川内市の甲冑工房丸武の駐車場は?無料?

広々とした駐車場がありました!

気になる料金は、無料です!!

公共の交通機関で行きたいんだけど!?

薩摩川内市の甲冑工房丸武にバスで行きたい!

南国交通のバスで、川内駅から行けるのですが、1日1本です。

お昼ぐらいにここに到着する便で、帰り(川内方向へ)は平日は夕方。土日祝日は、お昼です。

どんな感じ?何があるの?

まず、

全貌はこんな感じ

薩摩川内市の甲冑工房丸武の園内地図

工房見学

甲冑工房は、3棟あります。

薩摩川内市の甲冑工房丸武の工房は、3棟全部見学できる!

早速、中へ。

薩摩川内市の甲冑工房丸武の工房見学は、ミニチュア直江兼続がお出迎え

入ってすぐに、愛の兜が有名な、ミニチュア直江兼続公がお出迎えしてくれ、

薩摩川内市の甲冑工房丸武の工房見学は、こんな感じ

こんな感じで工房を見学していきます。

薩摩川内市の甲冑工房丸武の工房見学、説明もあり分かりやすい

工房は、一部屋一部屋説明書きがあり、更に現品も展示されているので、甲冑初心者の私でもとても分かりやすかったです!

薩摩川内市の甲冑工房丸武の工房見学は、甲冑の途中も見れて面白い

『へぇ~中はこんなふうになっているんだ!』と制作途中の段階を見れるのも、工房ならでは!

薩摩川内市の甲冑工房丸武の工房見学は、手作りしている所も見れる!

伺った時は、土曜日でしたが作業をされている方もいらっしゃいました。

見入ってしまう。

戦国武将展示館

薩摩川内市の甲冑工房丸武のメイン?戦国武将展示館にいざ!!

工房見学が終わった後は、待ちに待った戦国武将展示館です!!

薩摩川内市の甲冑工房丸武の戦国武将展示館は、甲冑だらけ!!大興奮の場所

いざ!

薩摩川内市の甲冑工房丸武は、名だたるドラマや映画で使った甲冑もズラリ

中は、凄い!!を連発してしまう場所でした。

薩摩川内市の甲冑工房丸武は、国内シェア―9割!甲冑を使った映画やドラマは殆どここで!

ここ丸武は、国内シェア9割の甲冑メーカーで、あなたがご覧になっている映画やドラマで使われている甲冑は、殆どここで作られたもの。

歴代の大河ドラマや映画の品が沢山!!

薩摩川内市の甲冑工房丸武で見れる、映画やドラマの甲冑達

大河ドラマ『真田丸』の堺雅人さんが演じていた真田幸村公の甲冑や、『風林火山』でGacktさんが演じていた上杉謙信公の甲冑、『天地人』で妻夫木聡さんが演じていた直江兼続公の甲冑などが展示されており、甲冑ファンのみならず、時代劇ファン、大河ドラマファンも興奮必死の場所です!!

薩摩川内市の甲冑工房丸武でみれる、戦国武将の甲冑達、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康

左から、織田信長公、豊臣秀吉公、徳川家康公の甲冑。

教科書にも載っている誰もが知っている3名様の甲冑写真を載せましたが、他にも沢山の戦国武将の甲冑が飾られていたので、実際行ってみてください!

戦国最強の武士、島津義弘公の甲冑レプリカ

私的に大興奮したのは、戦国最強武将と名高い島津義弘公の甲冑!!

角度を変えて、何十枚も写真を撮ってしまった!!もちろん待ち受けにもwww

甲冑工房丸武で見れる甲冑達

ズラリと並ぶ甲冑。

迫力あり!!見ごたえ抜群です!

甲冑工房丸武の甲冑は精巧

見れば見る程、精巧で。

薩摩川内市の甲冑工房丸武では、子ども用の甲冑もあるよ!

子ども用の甲冑も展示されていました!

とても興味深く、面白かったです!!

薩摩川内市の甲冑工房丸武は、子どもが遊べるところも!

戦国武将展示館を出ると、子どもが遊べる射的場もありました。

仰天!創業秘話!!

薩摩川内市の甲冑工房丸武の設立秘話が凄すぎる!

元々は、釣竿メーカーだったんだって!

えー!甲冑と全然違う!?

うん。でも釣竿メーカーが、不況でうまくいかず、どうしようと思った時に、創業者の田ノ上さんは、『趣味の鎧兜で、これからやって行こう!』と奮起して頑張ったら、国内シェア9割の日本一の甲冑メーカーになれたと言う。

すごい!!激レアさんに出て来そうな、創業秘話だね!!

ちょっと鹿児島市内から離れているけど、行った方がいい?

甲冑好きはもちろんのこと、歴史好き、時代劇好き、大河ドラマ好きにはたまらない場所です。

『え!?私、そこまで歴史好きなわけじゃぁ』とお思いのあなたも、きっと実際見ると、『わぁ、これは確かにすごいね。』と思うはず!!

何より入場無料ですので、是非!!

行った方が良い!おすすめの場所です!!

甲冑を着て写真が撮れる!!

薩摩川内市の甲冑工房丸武では、本格甲冑を着て写真がとれるよ!

本格的な甲冑や衣装を着て、写真を撮ることができます!

薩摩川内市の甲冑工房丸武の着付け体験

料金はちょっと張りますが、好きな人にはたまらないと。

薩摩川内市の甲冑工房丸武は、甲冑を着て写真がとれて、戦国時代にタイムスリップできる

ロケーションも最高!

戦国時代にタイムスリップした気になること間違いなし!?

もっとお手軽に!兜をつけて写真を撮ることもできる

『せっかくだから写真が撮りたいけど、ちょっとお値段が。。。』とお思いのあなた!

お手軽に写真を撮ることもできました!

兜をつけて、衣装を着て、馬に跨って、写真が撮れます↓

薩摩川内市の甲冑工房丸武では、馬に乗って兜をつけて写真も撮れる

気になる料金は、1回500円です。

衣装を着ないで、乗馬のみだと200円でした!

お土産も豊富!

戦国武士グッズが豊富にありました!

もちろん兜や甲冑も購入することができます。

ちなみに甲冑や兜は、ネットでも購入することができます↓

私は、歴史好きだけど、甲冑好きと言うわけではなかったのですが、実物を見て、『欲しいな!これなら、家にも置ける?』と本気で考えてしまった品↓

荷物を持たない。夫婦2人で、単身パック1つで引越しをしている転勤族なので、葛藤の末、泣く泣く購入を断念しました。

が、今見たらやっぱり欲しい。欲と格闘中です。

この甲冑人形は、ここ丸武の甲冑を3Dモデリングしているとのこと。そして、もう生産が終了しているので、在庫があるだけとのことでした。(店員さん談)

3Dでこんなに!?と思うほど、重厚な高級感あふれる作りでしたよ!

甲冑がふるさと納税で貰える!?

そうなんです!

甲冑工房丸武の甲冑は、ふるさと納税で貰える!

高額ですが、ふるさと納税をすると甲冑が送られて来ます。

ふるさと納税の丸武のページ↓

でも、工房がある薩摩川内市のじゃないんだね!

以前は、薩摩川内市もふるさと納税の返礼品として出していたんだけど、規制云々問題で、取りやめたんだって。

そうなんだ。残念。

ちなみに和歌山県九度山町は、真田幸村公にゆかりがあるから、真田幸村公の甲冑レプリカを返礼品として出しているみたい!!

関ヶ原合戦で敗れた後、14年も住んでいたんだよね!

ご飯も食べれる!

薩摩川内市の甲冑工房丸武は、ランチもできるお食事処があるよ!

食堂もありました。

メニューはこんな感じ↓

薩摩川内市の甲冑工房丸武は、食堂もある!メニューは?

値段もお手頃で嬉しい!

私は朝ごはんを食べたばかりだったので、食べれませんでしたが、次回は食べてみたいな~。

行ったら見てほしい所、2選

トイレの案内板が可愛い

薩摩川内市の甲冑工房丸武はお手洗いマークが可愛い!

トイレの男の子と女の子が、戦国時代風になっています!!

可愛かった。

天井も凝っている

薩摩川内市の甲冑工房丸武は、上も見て!!島津の紋章も

お土産やさんがある建物の天井です。

島津の家紋が!!

ちょっと上を見上げてみてください^^

まとめ

歴史大好き!義弘公大好き!の私としては、大興奮の場所でした!!

あなたもぜひ!!

それでは、良い旅を~

コメント