【コロナ対策】業者使用でも人と極力接せず引っ越しをする具体的方法

コロナ感染しない様に、引っ越しをする具体的な手順【業者使用編】

コロナだけど、どうしても引っ越ししないといけない。
どうすれば、感染リスクを回避できる?
その具体的な方法と対策が知りたい!

と言う疑問に答えます。

感染リスクを回避する方法は、極力人と会わないこと。
そして、人が触ったものを触らないことです。

なので、徹底的に人と会わず、触らない様にする方法を伝授です。

このページでわかること

なるべく人と会わずに引っ越しする方法

  • 訪問見積もりの回避法
  • 引越し業者の選定
  • 極力感染しないように梱包するコツ
  • 極力感染しないようにする、引っ越し当日の動き方

筆者は、転勤族で引っ越し回数23回で、潔癖なので毎回これに近いことをやっています。
何度も失敗をしつつ、この方法まで辿り着きました。
この方法を使えば、通常の引っ越しよりも数段、感染リスクが回避できるかと。

では、早速。

訪問見積もりの回避法

通常なら、引っ越し業者数社があなたの家に荷物量を見に来て、その場で見積もりを出してくれるのですが、今は家に来てもらうのは控えたいですよね。

なので、回避を。

あなたの家にある荷物を、全て書き出してみましょう!
たとえば、うちの場合は

大物家具家電

  • 冷蔵庫(111.9×58.6×48cm)
  • 洗濯機(100.2×56.2×56.8cm)
  • ガラステーブル台(160×80×1cm)

ダンボールがないもの

  • 扇風機(69×39×16cm)
  • ハロゲンヒーター(93×30×12.5cm)
  • キャンプ用椅子2脚(19.5×77cm)
  • 脚立(93×46cm)
  • 衣装ケース2つ(7×54.5×44cm)
  • 衣装ケース2つ(29.5×54.5×44cm)

ダンボール10個

(布団は、毎回自分で車で運んでいます。潔癖なので、布団はトラックには載せられない。無理。。。)

『これ以上の荷物はありません。』と言えるぐらい、持ち物を正確に言うことができれば、見積もりに来てもらう必要がありません。

知っておきたい注意点!!
  • 大型家具とダンボールがないものを挙げていくのは簡単ですが、一番厄介なのはダンボール!!
  • 23回引っ越ししていて、毎回思うことは、予想している量の1.5~2倍のダンボールがいるということ。
  • なので、あなたがダンボールは10個ぐらいで足りるかなと思ったら、一応2倍の20個と伝えた方が良いかもです。

これだけ準備しておけば、訪問見積もりに来てもらわなくても、電話やメールでやりとりできます。

 ここまで用意しても訪問したいと言われたら

もし、あなたがお願いしたい業者が、『見ないとダメ!見積もり出せないよ!』と言うのなら、

  • テレビ電話
  • 写真

で荷物を見てもらうことを提案してみましょう。

でも、コロナ禍の今、『訪問したい』と言う業者はいくら安くても、あまりオススメしません。
だって、そんな危機感がない業者、引っ越し当日とか怖い気が、、、

業者の選定

荷物の量がわかったら、引越し業者を選びましょう。

このコロナ禍でも、引っ越しを請け負ってくださる業者さんは沢山いらっしゃいます。
ありがたいですね。

一括見積もりサイトを使うと、一社一社に問い合わせするより、半額ぐらい安くなるし、コロナ禍の今でも引っ越しをしてくれる業者が簡単にわかる

一括見積もりサイトは、「引越し一括見積もり(メタサーチサイト)6社を比較【失敗談あり】」で比較解説しています。参考までに目を通していただけたら、あなたにあった見積もりサイトが選べると思います。

  • ちなみに私のオススメは、電話番号を書かなくて良い【SUUMO引越し見積り】です。
  • 単身や短距離の場合は、赤帽の見積もりも比較ができる【LIFULL引越し】を使った方が安くなった経験があり。

引っ越しを最大限安くする値切る交渉術は、「引越しで損しない為のマル秘『業者選びと交渉法』毎回半額以下に!』に詳しく書いています。一括見積りサイトの使用+この交渉方法で、毎回、半額以下になっています。

極力感染しないように梱包するコツ

業者選びが終わったら、荷造りを。

必ず自分で梱包してください。

コロナ禍中は、楽々パック的な業者の方が詰めてくださるサービスは、利用したらダメですよ!

ダンボールの梱包方法

引っ越し先でダンボールを開けた後のことを考えて、ウイルスが一切つかないように、

ダンボールの中に袋を入れて、その中に荷物を入れる

ことをおすすめします。

引っ越し後に、すべてのものをアルコール除菌するのは面倒なので、袋に入れておくと、楽です。ダンボールの中は、ウイルスが入ることはないかもしれませんが、ここは厳重に万全を期して。

ちなみに
  • ダンボールの外側をビニール袋で覆ったこともあるのですが、ほぼ破れていて、あまり意味がなかった経験があります。

袋は、ダンボールの中です!!

ダンボールに入らない物の梱包方法

ダンボールに入らない物も、全て袋に入れます。袋は、破れ防止に2重にすること。

大きな袋があるので、こちらを使用↓

大型家具の梱包方法

大型家具も入りそうなら袋に。

ピアノも入る、もっと大きな袋が売っています↓

入らない場合は、中が開かないようにびっちり固定しておくだけで。
引っ越し後にアルコール除菌しましょう。

よし!荷造り終了です!!

極力感染しないようにする引っ越し当日の動き方

一番気を使う部分ですが、事前に用意しておいて、当日作業員さんにお願いすれば、スムーズにいきます。

  • 窓は全開にしておく。
  • 極力、家の中に人とダンボールを入れないようにする。

この2つを意識して、引っ越ししましょう!

今住んでいる家

玄関に荷物を置いておく。

今住んでいる家は、簡単。

玄関に全ての荷物を置いておけば、業者さんも喜んでくれるし、部屋の中に人の出入りもないので、お互い嬉しい!!

もし、自分で持てない大型家具がある場合は、無理をせず、持って行ってもらいましょう。

窓は全開ね。

引っ越し先の家

極力、家の中に人とダンボールを入れないように注意しましょう。

あらかじめ、荷物を置いてもらう場所を決めておき、その場所にブルーシートを敷いておく。

その上に荷物を置いていってもらう。

荷物を置く場所

  • できることなら玄関前(外)に
  • できなければ玄関に
玄関前(玄関)でダンボールを開け、中の袋のみを部屋の中に運んでいく

最後に、ダンボール、包んでいたビニール袋、ブルーシートは、即座に捨てましょう。

ここまですると、コロナ菌の侵入を防げます!!

大型家具

こちらも玄関からは自分達で運びたいですが、できなければ、大型家具のみ作業員さんに部屋の中に運んでもらう。

→ アルコール除菌する。

新居に住み始める時の注意点!!
コロナとは関係なしに、新築であっても、入居後は一度、床と壁とを拭いた方が良いですよ。普通に汚いので。(23回とも雑巾が黒くなったので。)

ここまですれば、最大限感染を防げるのではないかと思います。

作業中は、目や口や鼻などの粘膜を触らないようにご注意を。

ではでは、コロナ禍の中、大変ですが、良い引っ越しができますように〜

コメント