ビレッジハウスの退去費用の全てを知りたい!項目・総額を徹底調査!

ビレッジハウスに住む前に知りたいこと

賃貸業界では異例の『初期費用ほぼ0円』で入居できるビレッジハウス。

『じゃあ退去時の費用は?かかるの?』と疑問に思ったので、元不動産屋で現役転勤族、引越し歴23回の部屋探しなら任せて!!とこっそり言いたい筆者・転勤族umiが、退去費用について徹底的に調査してきました。

結論からいうと、ビレッジハウスを退去する時は、お金がかかります。

では、どんなお金がかかるのか、一緒に見ていきましょう。



クリーニング代がかかる

このクリーニング代は、何年住んだかは関係なく一律料金です。

料金は?

定額で、
(平米数 × 1,100円)+ 消費税10%

例えば、54㎡の部屋で計算してみると、

(54×1,100)+ 10% = 65,340円

ということになりますね。

2年以下なら違約金がかかる。いくら?その理由は?

  • 1年以内で退去 → 家賃の2か月分
  • 2年以下で退去 → 家賃の1ヶ月分

の違約金がかかります。

なぜ違約金がかかるの?
  • 初期費用を安くしていているから、長く住んでもらわないとリフォーム代がペイできない!
  • 入居時の家賃を1、2ヶ月分フリーレント(無料)にしているので、その分!
  • 入居する際、キャンペーンで現金キャッシュバックがあるので、その分!

という、至極当然の理由です。

転勤族umi
転勤族umi

通常の賃貸物件でも、フリーレントなら、『○ヶ月や○年以内に退去するなら、お金返してね。』と契約書に小さい字で書いている所が多いので、ビレッジハウスが特別というわけではないし、むしろ堂々とわかりやすく書いてくれている所に好感が持てます。

原状回復費がかかる。いくらかかるのか?

原状回復費は、あなたが普通通りに生活していれば、『0円』お金はかかりません。

では、どんな場合にかかるのかというと、契約書にこんな文言が。

故意過失があれば
故意過失とは?わかりやすく言うと、
  • 殴って壁に穴があいた!
  • タバコをずっと吸っていたら、白い壁が黄色になった!
  • 子供が壁に落書きしちゃって、消えない!!
  • 家具を引きずったら、ガリガリと大きな傷がついちゃった!!

など、明らかに誰が見ても、『普通に生活していたら、この傷はつかないでしょ!!』と思われる部分は、『綺麗に直してね!』と言うことです。

反対に!お金がかからない経年劣化とは?例えば
  • 太陽で焼けて色が変わってしまった床とか、
  • タンスなど重い家具を置いていてついた凹みなどは、

故意過失ではなく、普通に暮らしていてできる劣化なので、この原状回復費には含まれません。

退去費用の総額

  • あなたが2年以上住んで、故意や過失でつけた傷もないなら、退去費用はクリーニング代だけです。
  • 住んだ期間が2年以下で、故意過失でつけた傷がないなら、違約金とクリーニング代だけ

故意や過失で傷をつけなければ、退去費用も明快でわかりやすいですね!

転勤族umi
転勤族umi

23回引っ越してきて思ったことは、善良な管理会社なら故意や過失の傷は、「これはひどすぎるでしょ。」という傷でないと取られないということ。

転勤族umi
転勤族umi

なので、あなたが普通に生活しているなら、大丈夫!退去費用に怯えることはありませんよ!!

それでは、素敵な賃貸ライフを〜。

↑ビレッジハウスと直接契約しないと、仲介手数料がかかるので注意!!
公式サイトからの問い合わせが、安心安全です。



ビレッジハウスの初期費用は本当に安いのか?検証

ビレッジハウスの初期費用はいくら?本当にお得なの?を徹底的に調査

激安賃貸ビレッジハウスの物件を探す前に知るべき重要6項目

【激安賃貸・ビレッジハウス】の物件を探す前に知りたい重要6項目

コメント